立山砂防シンポジウムは終了しました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

白岩堰堤(重要文化財)

本宮堰堤(重要文化財)

泥谷堰堤(重要文化財)

インタープリベント2018 開会式・基調講演 県民無料公開

立山砂防シンポジウムの翌日(10/1)に開催されるインタープリベント2018(国際防災学会)の開会式及び基調講演を無料で公開します。

  • 期日:平成30年10月1日(月)13:00~17:00
  • 会場:富山国際会議場メインホール
    富山市大手町1-2
【申込・お問い合わせ先】

富山県砂防課
ホームページ:こちらから

開催趣旨

富山県は、関係機関や民間団体等と連携協力しながら、富山県が世界に誇る防災遺産である、立山砂防の歴史的砂防施設群の世界遺産登録を目指しています。

10月に開催される国際防災学会(インタープリベント)富山大会に先立ち開催する本シンポジウムでは、世界遺産の最前線で活躍する専門家による講演やパネルディスカッションをとおして、立山砂防の価値と魅力を広く世界に発信します。

プログラム

講演1
「わが国防災遺産の系譜と立山砂防」
北河 大次郎氏 
東京文化財研究所近代文化遺産研究室長
講演2
「自然と共生した世界に誇れる防災遺産・立山砂防」
石井 隆一 富山県知事
映像上映
アニメ「立山砂防・土砂との闘い」(英語字幕付き)
パネルディスカッション
■コーディネーター
西村 幸夫
(日本イコモス国内委員会委員長)
■パネリスト
アンドレアス・ゲッツ氏 スイス
(元スイス環境庁次官)
郭 旃氏 中国
(元国際イコモス副会長)
クルト・ローナー氏 オーストリア
(インタープリベント会長)
松浦 晃一郎
(第8代ユネスコ事務局長)
北河 大次郎
(東京文化財研究所近代文化遺産研究室長)
石井 隆一
(富山県知事)

出演者プロフィール

コーディネーター

【日本イコモス国内委員会委員長】
西村 幸夫氏

1996年東京大学工学部都市工学科教授
2011年同大学副学長
2013年同大学先端科学技術研究センター所長
2016年同大学大学院工学系研究科教授
2018年同大学名誉教授、神戸芸術工科大学教授

専門は都市計画、都市保全計画など。国土交通省国土審議会委員、文化庁参与、同文化審議会委員、同文化審議会世界文化遺産特別委員会委員長などを歴任。

パネリスト

【元スイス環境庁次官】
アンドレアス・ゲッツ氏(スイス)

1998年 国家自然災害委員会委員長
2006年~2013年 スイス環境庁次官
自然災害部門を担当(2010年より気候部も担当)
パネリスト

【元イコモス副会長】
郭 旃氏(中国)

専門は考古学。中国国家文物保護局において長年古建物、歴史的都市、考古遺跡の管理と調査に従事し、世界遺産処長、文物保護司長などを歴任・退官。現在は、中国世界遺産専門家会議理事、中国ICOMOS副委員長兼事務局長、中国行政学院兼任教授等を務める。

パネリスト

【インタープリベント会長】
クルト・ローナー氏(オーストリア)

1984年ケルンテン地方政府 水管理部門 勤務
1997年~ケルンテン地方政府 水管理部門長(現職)
2001年~国際学術団体INTERPRAEVENT 会長

天然資源・応用生命科学大学ウィーン校 卒業
上水道、下水道、水力発電所関連の民間勤務

パネリスト

【第8代ユネスコ事務局長】
松浦 晃一郎氏

1959年外務省入省 経済協力局長、北米局長、外務審議官等を歴任
1994年駐仏大使
1998年世界遺産委員会議長
1999年~2009年ユネスコ事務局長(アジアから初)に就任
講演・パネリスト

【独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所 保存科学研究センター近代文化遺産研究室長】
北河 大次郎氏

2004年文化庁文化財調査官
2010年文化財保存修復研究国際センター(ローマ)
2016年東京文化財研究所近代文化遺産研究室長
講演・パネリスト

【富山県知事】
石井 隆一

1969年東京大学法学部卒業、自治省入省
2001年総務省自治税務局長
2002年同消防庁長官
2004年~富山県知事に就任
2003年~2006年早稲田大学大学院客員教授

交通のご案内

公共交通機関でのご来場をお勧めします。
駐車場は周辺の有料駐車場をご利用ください。


●富山駅から城址大通りを南へ徒歩約15分
●富山駅から富山地鉄バス「城址公園前」下車 徒歩約3分
●富山駅から市内電車(セントラム)「国際会議場前」下車

ページトップ